1. HOME
  2. 山科聖天浴油会(毎年1月~12月)

山科聖天浴油会(毎年1月~12月)

浴油供祈祷のご案内

遠い昔、古代インドのヒンドゥー教における仏道修行者を誘惑するガネーシャ神がまだ難羅山に陣取って魔神として暴れ回っていた頃、他の神々から憎まれ、毒物を喰らわされ苦しんでいた。それを見た女天である十一面観音様がこれを哀れみ、ガネーシャ神に仏法に帰依する事を誓わせ、その山中にある油の池に連れて行き、その油を加持してガネーシャ神の頭より灌がれたところ、ガネーシャ神の悪い毒物(煩悩)が除かれ、同時に悪神が善神となった。それを喜んだガネーシャ神は十一面観音様と抱き合い、力を合わせて世の中の苦しんでいる者を救う誓願を立てられたところから、歓喜双身天(象頭人身の男女天の抱擁身)となられたという。これが、浴油祈祷が聖天尊への最上の祈祷とされる所以である。

当山では、下記の如く大聖歓喜天(聖天)様の縁日に毎月浴油法を行っております。

歓喜天浴油法とは、密教に伝わる秘法中の秘法の一つで聖天様を本尊とし、聖天尊誕生の縁起の通りその御神体に油を浴して行い、本来お持ちである強大なお力を発揮していただく祈祷法です。

聖天様の、信者のあらゆる望みをかなえ信心を得るという大加持力によって、信者方々の悩みや祈願に対し道を切り開く手助けをしようとするものです。
願いがかなった場合は、人間世界と同様に礼節を重んじ御礼参りをしなければなりません。また、続けて御利益を得たい場合は、定期的に御祈祷を申込まれるか浴油会などに入られると良いとされます。

浴油会

浴油会では毎月祈祷時にお名前と願意を読み上げます。御札授与はありません。
※1年単位となります。

  • 毎月1日
    年額(月1千円×12ヶ月) 1万2千円
  • 毎月1日・16日
    年額(月2千円×12ヶ月) 2万4千円
  • 毎月1日2日3日・16日
    年額(月3千円×12ヶ月) 3万6千円
  • 特別祈願
    年額(月1万円以上×12ヶ月)12万円以上

申し込み方法
御持参 :「寺務所」にて受付中 午前9時~午後4時
現金書留:御祈祷料と住所・氏名・年齢(数え年)・願意を添えて下記「送付先」までご送付下さい。

願意の例

●家内安全 ●商売繁盛 ●事業繁栄●金銭富貴 ●無病息災 ●病気平癒 ●開運勝利
●子宝成就●安産祈願  ●合格祈願 ●学業成就 ●縁結 ●縁切 ●心願成就

※その他の祈願も受け付けております。

浴油供祈祷名
山科聖天浴油会(毎年1月~12月)
お問い合わせ